Loading…

プチツー 大滝温泉遊湯館

Posted by pumpman on 26.2012 ツーリング 2012   1 comments   0 trackback
( ̄o ̄)え?

今日は家に誰もいないの!?

( ̄ー ̄;)

誰にも邪魔されず、エアコンの効いた部屋で昼寝も良いな~

でも、東北ツーリング以来、2週間XJRにも跨っていないし・・・

けど暑いし・・・

( ̄ヘ ̄;) ウーン

結局、秩父方面に走りに行く事に。




秩父市街を抜けて山間部に入ると、やっと灼熱地獄から解放されます。

ここまでダラダラと走っていましたが、気合いを入れ直します!!

(`・ω・´)キリッ!!

最近、温泉づいてしまった様で、何となく大滝温泉に寄ってきました。

日帰りツーリングでは普段、温泉に立ち寄る事はあまり無いのですが・・・

今日は時間もあるし・・・と言う事で。





風呂から上がると丁度昼時。

秩父の美味い蕎麦でもと思い、遊湯館の食事処でざる蕎麦を頼みます。

がっ、出て来たのはただの茹で麺でした。

確かに手打ち蕎麦だとか、書かれていなかったし・・・

一食損をした気分でガッカリ!!

(T0T)\(^-^;)

美味しい蕎麦を食べたい方は、遊湯館とは別棟の郷路館の方が良いですよ!





食後、もう少し足を伸ばし、秩父もみじ湖の滝沢ダムへ。





特に感想はありませんが、ここからUターン。

ただの150キロの暇つぶしでした。

(でも、大汗をかくのでダイエットには良いかも・・・)

d(⌒ー⌒) グッ!










スポンサーサイト

家族旅行

Posted by pumpman on 19.2012 日々淡々と(ただの日記)   1 comments   0 trackback
もう少し遠出をしたかったのですが・・・

今年は家族のスケジュールが合わず近場(!?)の1泊旅行となってしまいました。

家族の希望もありノンビリとマッタリが今回のテーマです。

d(⌒ー⌒) グッ!

そこで普段は素通りするばかりの草津温泉へ行こうと言う事に。

しかも下駄を履いて湯畑辺りをブラブラ出来る宿が家族のリクエスト!!

と言った訳で、じゃらんで見つけたのが、湯畑目の前の「ホテル大東館」。

従業員の皆さんが親切で良い宿でした。




出発は我が家の旅行にしてはとっても遅い朝の7時過ぎ。

でも大した渋滞も無く、上信越道の碓氷軽井沢ICを降りられました。




旧軽井沢銀座をブラブラした後、一度行って見たかったところに・・・

昭和37年に廃線となっている草軽電鉄の北軽井沢駅に立ち寄ります。



復刻されたキップを頂きました。



ひとり1枚、好きな行先のキップが貰えます。

私は本日の目的地「草津温泉」を頂きました。

良いお土産が出来ました!!

ちなみに一番人気は嬬恋ゆきだとか・・・





今年の春にも立ち寄った「愛妻の丘」に女房、子供連れで再訪。








ところで、オデェッセイのナビがとうとう壊れてしまいました。

(x_x)

画面が真っ黒!?

時々液晶画面が変色してたので、近い内にこうなる事は予想していましたが・・・

車の走行には関係無いのですが、こう言う所が壊れ始めると結構精神的にダメージを受けます。

(T0T)\(^-^;)

今回は仕方が無いので、バイク用に買ったユピテルのナビで代用します。



先日の東北ツーリングでは大活躍したナビですが、車で使うには画面が少し小さいですね~

まぁ、今回はナビが無いと行けない所ではありませんが。

( ̄o ̄)






15:00にチェックイン!

温泉に浸かって、昼寝して・・・

夕食後、湯畑の周りを予定通り下駄を履いてブラブラと。
(夕食も美味しかったですよ!)







土産物屋をのぞき、射的をやって、

結構楽しめました!!

d(⌒ー⌒) グッ!



初日は降ったり止んだりの天気でしたが、

翌日は快晴!!



志賀高原に向かいます!



渋峠からリフトに乗って横手山へ。

いつもバイクで走っている志賀草津道路が箱庭の様に観えます。



美味しいパンで有名な横手山頂ヒュッテ。



パンを買い求める観光客で賑わっています。

我が家も並んで買いましたよ。

高いリフト代が掛かってるんで、とくに美味しく感じました。

ヾ( ̄o ̄;) オイオイ








東北1,400キロツーリングから中2日の旅行でしたので、さすがに疲れました~

なんて書くと、家族サービスで大変だった様に聞こえますがぁ・・・

実は無理してでも家族旅行に行きたかったのは私だけかも!?

(⌒・⌒)ゞ













































みちのくツーリング1400km!!(2日目)

Posted by pumpman on 15.2012 ツーリング 2012   1 comments   0 trackback
おはようございます。

初日夜の部の続きです。







今日は日本海沿いに秋田、山形、新潟へと抜けて、関越道で帰宅予定です。

関越道の上りは渋滞必至でしょう!

暗くなってからの高速道バイク専用レーン(!?)走行だけはしたくないんで、今日は時間との勝負です!





朝食抜きの早立ちをしなければならないのに、朝湯を楽しもうなんて贅沢を言っているから朝4時に起床です。

ところが風呂に入ったら目が覚めるどころか、更に眠くなって来たので結局は2度寝!?

5:30出発となってしまいました。

(⌒・⌒)ゞ



早朝の山の中は空気が清々しくとても気持ちが良いですね。

気温は18℃

メッシュジャケットでは寒い位です。

さぁ、今日もどんな景色が待ち受けているのか楽しみです!!

o(^^o)(o^^)oワクワク





快調にXJRを走らせ、1時間程で田沢湖に着きます。

途中ナビの誘導で狭路に誘い込まれてしまい、Uターンを強いられた際あわや転倒!?

とっ言う今回のツーリング最大の危機がありましたが、ギリギリで回避。

あっ危なかったー

( ̄□ ̄;)






お決まりの「たつこ像」ですが、私はお初にお目にかかります。



でも、何故こんなに金ぴかなんでしょうか?





田沢湖から30分ほど走って7:00過ぎ角舘に到着。

武家屋敷に寄ってみます。



まだ早朝の為、閑散としています。

店も開店前。

立ち寄る所が無いんで写真だけ撮って出発します。

僅か数分の滞在時間でした。



ここも春の桜、秋の紅葉、冬の雪景色は良さそうですが・・・

夏は季節的に面白みが無い様です。

個人的には金沢の武家屋敷の方が好みですね!







角館からはR341/46を使い、秋田自動車道に乗ります。



みちのくの下道を堪能したい所ですが、今日は時間的に余裕がないので積極的に有料道を使います。

金銭的には無料区間が結構あるので助かります!

d(⌒ー⌒) グッ!





由利本庄の「道の駅にしめ」で朝食を摂ります。



本日楽しみにしていた岩牡蠣を、早くも頂戴しました!!



適度な塩気とレモン汁の酸味!

そして口の中に広がる磯の香りとツルンとした咽喉ごし・・・旨い!!

ご馳走様でした!

d(⌒ー⌒) グッ!






再出発後、R7から県道285号線に入ります。

目的地は昨年秋にも訪れた鳥海山です。

仁賀保高原~鳥海ブルーラインへと向かいます。

仁賀保高原周辺には風力発電施設が数多くあります。

そのひとつに寄り道してみました。



近くで見ると大きなもんですね!!




仁賀保高原を走る、県道285号線、同312号線のパノラマラインは快走路です!!

天気が良ければ鳥海山を正面に見ながら走れます!!
(この日は鳥海山が顏を出しませんでした。残念!!)

但し調子に乗ってスピードを出し過ぎると奴らの餌食なりますから注意。

地図の目印付近だと思いますが、お暇な人達が準備していました。

あと30分遅かったら危ない所でした!!

皆さん気を付けましょう!!




日頃の行いが良いせいかパノラマラインでは事無きを得て、鳥海ブルーラインへ入ります。

w(⌒o⌒)w オオー!

気持ち良いぞぉー、鳥海ブルーライン!!!



グイグイと高度を上げると、海が見えて来ます。

ちょっと霞んでいるのが残念!



◆鉾立展望台



今日は鳥海山が顔を出したり、隠れたり・・・



昨年の秋にお世話になった「大平山荘」。

ここからの夕陽が素晴らしかった!!



◆昨年秋の夕日



鳥海ブルーラインを駆け下れば、後は日本海沿いに新潟に向かうだけです。

途中、奇岩、絶壁の景勝地「笹川流れ」を楽しみにしますが・・・

ここも季節がら海水浴客で何処も一杯。

駐車スペースは見つからないし、なによりもバイクに乗ったオヤジは不釣り合いな雰囲気・・・

そんな訳で写真もありません。

ノンストップで駆け抜けてしまいました。

今度は違う季節に来ましょう!





村上瀬波温泉ICから日本海東北自動車道に入ります。

暫くは無料区間が続きますが、やがて有料区間となり、北陸道、関越道へと続きます。

越後川口SAで大休止後、埼玉の自宅までXJRを一気に走らせます!

関越トンネル手前で一瞬雨に降られますが、トンネルに駆け込んでセーフ!

途中渋滞に巻き込まれながらも、何とか明るい内に帰宅する事が出来ました。

◆2日目 5:30出発 18:00帰宅

◆2日間の全走行距離・・・1,410キロ

◆1日目・・・675キロ

◆2日目・・・735キロ(最長距離更新)







ガソリンを7回入れて、ガソリン代だけで総額11,249円。



出発前は2日間とも微妙な天気予報でしたので、雨に降られるのを覚悟で出発しました。

ところが一度もレインウェアーを着る事無く、予定通り全行程を走破する事ができました。

(^◇^)






◆初日の部

◆初日夜の部





みちのくツーリング1400km!!(初日夜の部)

Posted by pumpman on 14.2012 ツーリング 2012   0 comments   0 trackback
東北ツーリング1日目の続きです。




15:00に「新玉川温泉」に到着です。







フロントでチェックインの手続きを終えると、入浴の際の注意事項の説明を受けます。

「ここの温泉は強酸性のお湯です。」

・・・おおっ、きたっ!!

「先ずは源泉50%の湯から入って身体を慣らして下さい。」

「そして、出る時は必ず掛け湯で温泉の成分を落としてから上がって下さい。」

・・・楽しみ楽しみ!

◆詳しい入浴方法はこちら
  ↓
http://www.shintamagawa.jp/spa/method.html





案内された部屋は洋室シングルルームでこんな感じです。



この宿は部屋にエアコンがありません。

「夜になれば気温も下がってきますから。」との事。

でもチョット暑いな・・・と心配になりますが、備え付けの扇風機を回せば何んとか凌げそうなので大丈夫でしょう!
(寝る頃は涼しくなり快眠出来ました!!)

荷物を整理して、早速温泉に向かいます!!






w( ̄o ̄)w オオー!

良い感じです!!



『この画像は翌朝4時過ぎに撮影したものです。

初日に2回入りましたが、いずれも先客がいて撮影できませんでした。

翌朝は一番風呂です。

(⌒・⌒)ゞ

0時から4時までが清掃時間になっていますので、その間は入浴できません。

源泉かけ流しですが一度湯を抜く様で、画像真ん中の源泉100%の大きな湯船はお湯がまだ溜まりきっていません。

本来はなみなみ入っています。』



東北の温泉らしい(!?)趣があります。

建物は近代的な作りですが、温泉はヒノキだかヒバだかの木材をふんだんに使った造りになっています。

その木材が良い感じに寂れて、雪国の湯治場の雰囲気を醸し出してます。

画像では分り辛いかと思いますが結構な広さがあります。

天井までは10mはありそうです。

そして良く観ると、普通ステンレスとかで出来ている手すりが、なんと塩ビのパイプで出来ています。

凄いぞ玉川温泉!

塩ビは耐酸性の勝る材質です。






さぁ~てっ!!

お楽しみの入浴タイムです。

かけ湯をして、先ずは源泉50%から入ります。

少しヌルットした湯で緑がかっています。

・・・!?

別段何も起こりません。

普通の良い湯です。

源泉100%じゃ無いから、こんなもんか・・・と勝手に納得します。

それでは源泉100%を試されて頂きまーす!

肌の柔らかなデリケートな部分が一番刺激を受けそうなので、身体の穴と言う穴を“キュッ!”と締めて挑みます。
(締まらない部分もありますが・・・笑!)

( ̄へ ̄;ムムッ

別段何も起こりません。

強いて言えば、カミソリ負けしているあごがチカチカ、ヒリヒリする位です。

チョット期待外れかな!?

でも目と頭皮にだけはお湯が掛からない様に注意します。

掛かったら何が起こるか分りませんので・・・





暫しマッタリと温泉を楽しんで身体を洗います。

一日の汗や汚れを洗い流し、再度源泉100%の湯船に浸かります。

「痛てててっ!!」

( ̄◇ ̄;)マジ!?

あごは当然の事、首の辺りだとか、〇〇袋とかチカチカして痛いじゃないですか・・・

さっきは期待外れとまで思っていたのに!?

何故???

勝手な解釈をさせて貰うと・・・

石鹸で全身を洗う。

色々付いていた汚れが落ちる。

大半は劣化した皮膚、脂分だと思いますが、結果として汚れや脂分で保護されていた皮膚が無防備になる・・・

こんな感じでしょうか?

我慢できない訳ではありませんが、小さなお子さんは危険なレベルです。

さすが玉川温泉!!

そんじょ其処らの温泉の様に“効能は冷え性、肩こり、婦人病・・・”ってぃ! そんな柔なもんじゃありません!

“エエーイッ!! 束になって掛かって来ーい”

“てめえら、丸ごとまとめて殺菌消毒してやるぜぃ!!”

“覚悟しなっ!!”

みたいな・・・凄い湯です。

(^◇^)

◆注意・・・感じ方には個人差がありますので責任は取りませんよ!





飲泉がありましたので、こちらも試してみます。

源泉のままでは危険なので6~7倍に薄めて飲みます。

レモンとは言いませんが、かなり酸っぱい味です。

その場の注意書きには「歯によろしく無いので、飲んだ後はシッカリうがいをしてね。」みたいな事が書かれています。

何から何までデンジャラスな温泉です。





温泉を上がった後、17:30からの夕食までにまだ時間があるので、遊歩道を使って源泉のある玉川温泉まで散策してみました。

宿の近くにビジターセンターがあったので寄ってみます。



ビジターセンターてっ、なんと言うか、旅行に来た気分にさせてくれるので結構好きです。



おやっ!?



「鉄棒は約100日で溶けてしまいました。」

って、一晩で包丁が溶けるって言ったのは誰だ!!

なまくらの鉄棒が100日掛かるんじゃ、鍛えられた鋼が一晩で溶ける訳無いだろ!!
(本当のところはよく分りません。(⌒・⌒)ゞ)

まぁ確かに、包丁が一晩じゃ、人間なんかあっと言う間に溶けちゃいますよね~

分っていた話ですが・・・





玉川温泉へは新玉川温泉から歩いて10分位です。

こんな感じの遊歩道が続いています。



玉川温泉です。



新玉川温泉はどちらかと言うと観光客向けですが、こちらは湯治客用の施設と思った方が良いかと思います。

長期湯治客用の自炊室なんかもあります。


源泉の「大噴」(おおぶけ)と呼ばれる湧出口です。



凄い勢いで温泉が噴き出しています。

さすが日本一を誇る湧出量です。







ここが今年の2月に雪崩で岩盤浴客の数名がお亡くなりになった場所でしょうか?



右奥の茶色のテントが岩盤浴用ですが、結構色々な所で寝転んでいる人がいます。

場所によって放射線量の多い少ないがあるとの事です。



有毒ガス危険の標識が至る所にありますが、こんな所で寝転んでいて大丈夫かと? 他人事ながら心配になります。



玉川温泉からは「北投石」と言う放射線を含む珍しい鉱物が発見されています。

癌に効果があるとマスコミで報道された事もあった様です。







夕食はバイキングになります。



わたし的には充分満足出来る内容です。



ジュンサイの汁物



秋田和牛のしゃぶしゃぶ



これは美味しかった。

この和牛しゃぶしゃぶと、きりたんぽ鍋、その他が日替わりで出されているとの事です。

きりたんぽ鍋も食べたかったなぁ~





食後、外に出て見ると星が綺麗でした。

久しぶりに天の川が観られました!



CX4の最長露出時間8秒で撮ってみました。

こんなもんが限界です。

(⌒・⌒)ゞ

明日も早立ちするので、10時には就寝。

( ̄。 ̄)zzZ 

◆2日目に続く







みちのくツーリング1400km!!(初日)

Posted by pumpman on 13.2012 ツーリング 2012   1 comments   0 trackback
いや~走った走った・・・

( ̄o ̄)ゞ

お盆休みの土日で東北地方へソロツーリングに行ってきました。

昨年の秋にも鳥海山への東北ソロツーリング1200キロを敢行しましたが、今回は更に足を延ばし八幡平へ!

バイクツーリングでは初めて、22年振り3回目の八幡平になります。





1泊で行くには少しハードなんで色々悩んでいると、女房殿の「もう1泊したら~」の神の声が・・・

もう1泊して十和田方面、男鹿半島方面も良いな~

( ̄ヘ ̄;) ウーン

なんてプランも頭の中を過りましたが、

家族の手前、父ちゃんだけが2泊もの旅行するのもチョットねぇ~

なんで、結局は1泊の強行軍になりました。

( ̄ー ̄;

1泊でもXJRと丸々2日間の至福の旅が待ってます!!!

贅沢言っちゃイケません。

o(^^o)(o^^)oワクワク!






それともう一つの楽しみが東北の温泉♪

今回の宿は八幡平を秋田側に下った所にある「新玉川温泉」を選びました。

ここの湯はなんとpH1.2の強酸性の湯!!

一晩で包丁の刃も溶けるなんて話もあります。

怖いもの見たさと言うか・・・そんな湯に浸かるスリルもチョット楽しみ!

その辺の事は後でレポートします。

\(^o^)/






温泉でノンビリしたいし・・・

距離はあるし・・・

今回のツーリングは時間との勝負なんで、東北道を使って盛岡まで一気に北上します。

(^◇^)

果たして辿り着けるのでしょうか!?






東北道の渋滞を少しでも回避しようと2時過ぎに起きると、下の娘がリビングでまだ起きていました。

「おはよー」 父

「おやすみー」 娘

とっ、なんか訳の分からない会話を交わし急いで身支度を整えます。

早朝、いや深夜の3時前に出発です!!



早く出発したつもりで岩槻から東北道に入って見ると・・・

( ̄◇ ̄;)マジ!?

なんと既に西那須・塩原を先頭に45キロの渋滞が!!

通過に260分!?

ありゃりゃ・・・

チョット甘かったですね。

(ーー;)

それでも行くしかないんで覚悟を決めて、バイク専用レーン(!?)をひたすら走ります。

車なら260分も、バイクなら30分~40分程度でした。

但しその後も仙台を過ぎるまで断続的に数十キロの渋滞が続きます。

(T0T)\(^-^;)






那須高原SAで最初の休憩を取ります。



一人だと話し相手もいないので、人間とバイクが朝食を軽く摂ってサッサと出発します。






昨年鳥海山ツーリングで使った山形道との分岐、村田JCTまでやっと来ました。



高速を走り始めて、ここまで約300キロ。

盛岡ICまではまだ200キロ程あります。






盛岡ICに10:30到着。



すでに走り始めて7時間半経過しています。

ここまで那須塩原SAと長者原SAの2か所の休憩のみですが、左程苦にならずここまで来れました。





先ずは最初の目的地、小岩井農場まきば園に向かいます。

道中のひまわり畑が綺麗でした。





まきば園は家族連れで賑わっています。

オヤジが一人でここに来た目的は・・・

このジンギスカンです。





これを食べる為に入園料¥500を払っています。

特にここのジンギスカンが有名~てっ訳じゃありませんが、この辺で何か食べるとしたら、

盛岡冷麺?

それとも・・・

小岩井農場のジンギスカン?

てな感じで、ジンギスカンが勝っただけです。

(⌒・⌒)ゞ





さぁて・・・

本日のメイン、八幡平アスピーテラインに突入します!

o(^^o)(o^^)oワクワク






視界が開けて真っ先に目に飛び込んでくるのがこの異様な光景。



かつて15,000もの人々が住んでた言われる、松尾鉱山の廃墟が八甲田アスピーテラインから遠望出来ます。

当時は「雲上の楽園」と言われていたそうですが・・・



もう少し近づく事が出来る様ですが、廃墟マニアでは無いので遠慮しておきます。






八幡平名物!?

いくつものスノーシェードと潜り少しずつ高度を上げてきます。



遥か下方に見える、これも松尾鉱山施設の跡地でしょうか・・・



源太岩。



源太岩と岩手山のツーショットを期待していましたが、今日は岩手山が雲の中から顔を出しません。






見返峠13:30着



1周30分程度の散策コースがあるのでの歩いてみました。



八幡池



静かです・・・

やっぱり山の上は気持ち良いですね。



少し時間があるので、ここの展望デッキで暫くノンビリ。

( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ

目を閉じたい所ですが、寝過ごす可能性大ですので止めておきます。





八幡平山頂は展望デッキが無ければ、視界がありません。



ウグイスが珍しく枯れ枝でさえずっています♫

滅多に姿を現さない鳥ですから始めて見ました!



30分程度のコースを1時間近く掛け散策しました。





さぁ~て!

後は宿に向かうだけ。

出発です!!



お盆休みで車が多いかと思っていたアスピーテラインでしたがガラガラでした。

ストレスなくワインディングを楽しめるのは良いのですが、一気に駆け抜けてしまうにはチョット勿体無い。

d( ̄  ̄) オワカリ?

今日は走りは二の次でノンビリ景色を楽しみながら走りました。

(^◇^)





新玉川温泉15:00着

予定通りです。



チョット早い様な気もしますが、これから温泉でノンビリします。



初日の走行距離は675キロ!

今年6月の「酷道152号線ツーリング」の667キロを越え最長ツーリングをまたまた更新!!

早朝3時の出発でしたので、12時間掛かっての到着です。

( ̄o ̄)ゞ さすがに疲れました・・・


バイクは2階建ての立体駐車場の1階に停めさせて貰えます。

ここなら悪天候時も安心です!









すこし長くなってしまったのでページを分けます。

◆初日夜の部に続く!!




  

カウンター

プロフィール

pumpman

Author:pumpman
仕事も適当に遊び呆けて、飛ばされてしまったpumpman!!
福島県民と成るべく、日々精進している単身赴任サラリーマンのブログです。
宜しくお願いします!!


  • ◆管理画面
  • にほんブログ村

    にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 車ブログ スバルへ

    励みになりますのでポチッ!とお願いします。

    カレンダー

    07 | 2012/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    全記事表示リンク

    最新トラックバック

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR