Loading…

安達太良山へ  ほんとの空は見られなかったぁ~

Posted by pumpman on 26.2015 気ままに山行!!   2 comments   0 trackback
天気が悪いのは分かっていたんですが・・・

やはり安達太良山山頂は雲の中。




6時に家を出発して7時過ぎに登山開始。

1507安達太良山 (2)


今日の工程とコースタイムは・・・

あだたら高原スキー場~薬師岳~安達太良山(登り2時間半)

安達太良山~くろがね温泉~あだたら高原スキー場(下り2時間)



久しぶりの山登り、体力が持つか少々不安ですが頑張って歩きましょう!!

てぃーす(/・ω・)(/・ω・)



馬車道と呼ばれる林道からゲレンデ脇の登山道に入り、7時半には最上部リフトの降口に到着。

途中道が入り乱れて、初めての人には分かり辛い所がありますね。

実際、迷ってどちらに行って良いのか聞いてくるパーティーもいました。



最上部リフトの降口から本格的な登山道に入ります。

8時に薬師岳到着。

1507安達太良山 (4)

薬師岳はほぼゴンドラ山頂駅と同じ標高。

1507安達太良山 (6)

山頂は雲の中ですね。

雷が怖いんですが、今のところ大丈夫な様・・・

先に進みますが、登山道に入ってからは他の登山者には会わないし、単独行だとこう言う時心細くなりますね。

ヽ(≡ω≡;ヽ)ォロォロ(ノ;≡ω≡)ノ


1507安達太良山 (7)

「この上の空がほんとの空です」・・・

智恵子さん、残念ですが今日はほんとの空は諦めるしかないですね。


ゴンドラ山頂駅からの登山道と合流してからはなだらかな登りが続きます。

薬師岳までの登りに比べたらかなり楽です。

ただ風は益々強くなり、時々身体ごと飛ばされそうになります。

視界は20~30メートルって所でしょうか?

所々ペイントがあるので迷う心配はありません。

1507安達太良山 (9)



登山道では花があまり見られませんが、所々ハクサンシャクナゲが見られます。

1507安達太良山 (8)




1507安達太良山 (10)

2時間強で山頂到着。

1507安達太良山 (12)


乳首と呼ばれる小山も薄らと見える程度。

1507安達太良山 (11)

登ってみますが、乳首の上は立っていられない程の風!!

写真を1枚撮ってサッサと降ります。

15 (36)


天気が良ければ噴火口の見える稜線上を歩いて峰の辻に向かいたい所ですが、風を避けるために稜線は止めトラバースして直接峰の辻に向かいました。



相変わらず視界は悪く、拡がってしまったガレ場をペイントを探しながら下ります。

途中クロマメノキが見かけられますが、ここは国立公園。

採取は厳禁!!

1507安達太良山 (13)

甘酸っぱいさわやかな味だとか、熟し具合によってそれぞれ味が違うとか、そんな事は食べた人にしか分かりません〜

(⌒-⌒; )

1507安達太良山 (3)

因みに登りのゲレンデ脇には野イチゴも沢山ありました。
恐らくですが…こちらも美味しいでしょうね〜

(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり



くろがね温泉 くろがね小屋

1507安達太良山 (14)

ひとっ風呂浴びたい所ですが、面倒なんでスルーします。



ここからは馬車道と言う、ダラダラの長い下りになります。

途中馬車道のショートカットが何箇所かありますが、ドロドロ、グチョグチョな道で入らない方が賢明です。

お陰様でブーツとパンツが泥だらけ。

更に粘土質の登山道でよく滑ります。

歩くのに神経を使い、時間的にもメリットはありません。



下山途中で見られた変わった雲。

1507安達太良山 (16)

クリーミーな泡立ちですね~

(´▽`) '`,、'`,、



下山しながらドロドロのブーツをどうやって洗おうか悩んでいると、ゲレンデのレストラン入口に良いものがありました。

スミマセン~ お借りします
!!

1507安達太良山 (17)



11時半無事下山。

1507安達太良山 (18)

全工程4時間半弱。

おおっ!! ほぼコースタイム通り。

まだまだやれるな自分!!

想定外にいい感じで登ってしまったんで本格的に再開!?

いやいやっ、昔の山道具もみなダメになって来ていますし・・・

財布に厳しいのでそりゃ無理っしょ!!!

( ̄ー ̄)




この日はゴンドラも強風の為運行中止でした。

確かふくしまFMとあだたら高原リゾートのコラボ企画、安達太良山登山があった筈でしたが中止ですね。




下山後、岳温泉「空の庭リゾートホテル」の日帰り入浴を利用させて頂きました。

なかなか良い湯でサッパリしました~

【~~~(´▽`A)~~~】 イイユダナ~♪







翌日の安達太良山。

本日は良い天気です。

絶好の登山日和でしょうね!!

150726 (30a)




目に眩しい緑です。

150726 (20)

風に吹かれた稲が波打って、とても綺麗でした!!

♪♪♪ d(⌒O⌒)b♪♪♪

スポンサーサイト

大菩薩峠トレッキング

Posted by pumpman on 17.2014 気ままに山行!!   10 comments   0 trackback
Tag :大菩薩峠登山
自分がいけないのですが、天気が良いのに2輪車が車検、修理中で乗れないっ!!

仕方が無いので自分の脚で遊んで来ました!!

早朝5時に家を出て、7時に上日川峠駐車場に到着。

ここ迄2時間は今までの最短記録です!



気温8度はさぶっ・・・


今日はタイトルにある通り、山梨県の大菩薩峠へ山行です。

山の世界では統計的に遭難が多いと指摘を受けている、所謂中高年登山者となってしまったpumpman・・・

しかも女房殿が試験勉強で付き合えないとつれない返事の為、本日は単独行!

事故があったら一番叩かれるパターンですね。

┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・




上日川峠は大菩薩登山の登山口として一番ポピュラーでしょう。

◆上日川峠の長兵衛山荘
IMG_9874.jpg

以前は駐車スペースが狭く、停められるかひやひやしながら来たもんですが、今は第4駐車場までありますので、お盆とかGW以外であれば、それほど心配する事も無いでしょう。

IMG_9873.jpg

第2駐車場にギリギリで停められました。

IMG_9872.jpg

奥が第2駐車場で、手前看板にしたがって右折すると第3、第4に行けます。


7時に出発!!

IMG_9875.jpg

ここへは何度も来ていますが、今日もいつもの通り石丸峠を目指します。

大菩薩嶺を目指すには幾つかのアプローチがありますが、石丸峠経由が一番変化に富んでいてお勧めです。

歩く人も少なく、静かな登行が楽しめます。

ただ、熊が怖い~

本日クマよけの鈴忘れたし・・・


大抵の登山者はその他のコースを選んでいる様ですが、大菩薩嶺直登になるので、急登の連続です。

pumpmanはいつも下りに使っていますが、上りは体力勝負になりますね!!


IMG_9880.jpg

歩き始めて30分位で林道に出ますが、最近じゃこんな所までバスが来るんですね。


IMG_9885.jpg

急登を登り始めて30分程経つと、木の間越しに富士山が見えて来ました!

IMG_9890.jpg

そして程なく小金沢連嶺の稜線が見えて来ました。

大菩薩峠と同じでカヤトの稜線です。


ここ迄登ると一気に展望が開けます!!

◆富士山と南アルプス
IMG_9896br.jpg

◆南アルプス白峰三山
IMG_9899br.jpg

右の高い山から、富士山に次ぐ標高の北岳、間ノ岳、農鳥岳ですね。

南アルプス縦走の人気コースです♫

◆石丸峠
IMG_9905.jpg

急登が終わり、カヤトの稜線をトラバース気味に進むと石丸峠が見えてきます。

ここのトラバースがこのコースで一番好きな所です!

1時間半ほどで石丸峠到着。

時間も早いので、ここで大休止とします。

IMG_9908.jpg

いつもは控えている甘いものを食べちゃいます!!

今日だけ特別!!

(⌒・⌒)ゞ


さてっ、糖も回ったし出発します!

((((((((((っ・ω・)っ ブーン!

(((((((((((o_ _)o ドテッ・・・

休んだ後のいきなりの上りはきつい~

(x_x)

IMG_9907br.jpg


ここの登りで振りかえると・・・

IMG_9909.jpg

海ですね。

東京湾です。


とっ言う事は・・・

IMG_9912brs_20140518124224471.jpg

拡大!!

IMG_9912br_20140519213922799.jpg

見えました。

スカイツリーです。

今日は昨日の強風のお蔭で、PM2.5やら、会社の嫌な事が吹き飛んで、空気とpumpmanの心が澄んでいます!!

(`・ω・´)キリッ!!


IMG_9916br.jpg

この後原生林を歩いたりして、大菩薩峠に到着。

IMG_9921.jpg

峠を過ぎ振りかえれば大菩薩峠と介山荘が箱庭の様に見えます。

IMG_9926.jpg


IMG_9927br.jpg

これから登る、大菩薩嶺の核心部が見えて来ました。


◆標高2,000メートル地点
IMG_9937.jpg

現在9時半でまだ早いのですが、ここで昼食にします。

どうせ食べるなら、景色の良い所の方が良いですよね~

IMG_9938.jpg

天気も良いし、寒くも無いし気持ち良い~!!

朝が早かったんで、トカゲ(昼寝の事)を決め込みたい所です。

(-ω-` )…zzZZZ


雷岩から10分程で大菩薩嶺に到着!!

IMG_9945.jpg
IMG_9946.jpg

ここは先程までの大展望に打って変わって、木立に囲まれた所にあり、展望は全く利きません。

◆唐松尾根
IMG_9949br.jpg

樹齢何年か分りませんが、枝が伸びては枯れの繰り返しで成長を続けて来たんですね・・・

標高は高いし、土地は痩せているのに凄い生命力です!!


IMG_9951.jpg

長兵衛山荘が見えて来ました。

11時下山。

4時間程のマイナスイオンいっぱいの山旅でした。

いやぁ~ 久々の山行で疲れたけど癒されました。

(^◇^)

テントを背負っての山行はもう無理ですが、この程度の日帰りなら良いですね~

ただ苦言をひとつ。

登り優先のルールはどこに行ったの~

┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・


美ヶ原トレッキング

Posted by pumpman on 31.2013 気ままに山行!!   4 comments   0 trackback
今日は美ヶ原高原へ久しぶりのトレッキング。

山靴履くのも、ザックを背負うのもいつ以来かな~

( ̄ヘ ̄;) ウーン





コースは観光客の多い、牧場を突っ切るルートの南側に位置する、「アルプス展望コース」を取ります。



トレッキングと言ってもアップダウンの少ない、往復3時間半程度の行程ですね。

山が久しぶりの私達には丁度良い感じです!!

(⌒・⌒)ゞ







今日の長野の天気は、下り坂の一日中曇りの予報。

午前中は雨が大丈夫と見て出掛けます。

白樺湖辺りは雲が低く垂れこめて、今にも降り出しそうな天気。



霧ヶ峰を過ぎると、だんだんガスが濃くなって行きます。

そして視界不良により、ついにアイサイト停止!



ビーナスライン終点に近付くと雲を抜け視界が回復します。





山本小屋ふる里館の駐車場に8時過ぎに到着。



今日の連れは女房殿と70歳を過ぎた私の母親。

8時半には身支度を整えて出発!!

出発する頃には一部青空も出てきました。



歩き始めてすぐ、可愛い馬がお出迎え。








これから行く先はガスで真っ白。

しかも風が強い!!







風が強く、ガスで視界が閉ざされますが、時々絶景が望めます!!





王ヶ頭ホテル下。



王ヶ鼻に着く頃には、風も和らぎ青空が広がります。



王ヶ鼻からは松本市が望めます。





今年の5月にツーリングで訪れた「美ヶ原高原道路」遠望。







王ヶ頭ホテルに立ち寄り、高原牛乳で一服。





帰路は牧場を突っ切るコース。

これから向かう美しの塔、山本小屋方面を遠望。



王ヶ頭を振り返る。










孤高の牛!!








ここでチョウゲンボウに遭遇。

昨日アップのブログ記事
  ↓
http://pub.ne.jp/kimamabike/?entry_id=5025628





可愛過ぎて、家に連れて帰りたーい!!





山本小屋のミゼット。



松本ナンバーが付いていましたが、自力でここまで登って来たのか!?

いやっ、陸送かな・・・






かなりノンビリ歩いて、3時間半のコースを4時間半かけてゴールイン!!

\(^o^)/

いやぁー久しぶりの山歩き、気持ち良かったー!!

雨にも降られず、良かった良かった!!







帰りは諏訪に下りて、諏訪大社の春宮、秋宮にお参り。



万治の石仏








若い頃の様な山行は無理ですが、高原トレッキングは癖になりそう。

今度はどこへ行こうかな~

(^◇^)





































  

カウンター

プロフィール

pumpman

Author:pumpman
仕事も適当に遊び呆けて、飛ばされてしまったpumpman!!
福島県民と成るべく、日々精進している単身赴任サラリーマンのブログです。
宜しくお願いします!!


  • ◆管理画面
  • にほんブログ村

    にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 車ブログ スバルへ

    励みになりますのでポチッ!とお願いします。

    カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    全記事表示リンク

    最新トラックバック

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR